ヒュームについて


溶接ヒュームは煙に見えるが小さな金属の粒が空気中に舞っている状態。

その中には多くの有害物質が含まれている。

酸化鉄、シリコン、カーボン、クロム、鉛、、マンガン、亜鉛等が含まれている。

ヒュームを吸い込むと金属熱が出たり、塵肺になったりする。

金属熱

金属の蒸気を吸入したことにより、気管の粘膜か壊死したり、気管のたんぱく質が金属と結合しアレルゲンとなりアレルギー反応をおこすことによって引き起こされる。

塵肺

粉塵を吸い続けることにより、肺に粉塵がたまり、その結果肺胞が壊れたり肺胞がはれ上がったりする。

完治させる治療法はなく、酸素吸入等をして対症療法を行うのが現状。

防止をするためには防塵マスクをつけ送風機で新鮮な空気を送り続ける。

2019年01月30日