(有)伊藤バック製作所
トップページ  お問い合わせ  アクセス  製作までの流れ  製品例  リクルート  会社概要

ステンレスの種類


ステンレスタンクの用途に合ったステンレス材料の説明弊社がステンレスタンクを製作する際によく使用する材料はSUS304、SUS316Lです。これら2種類に加えもう2種類ご説明いたします。

まずステンレスとは鉄にクロムやニッケルを加えたもののことをいいます。
鉄の表面をクロムが覆っており、そのクロムが酸化してできる皮膜のおかげでステンレスは錆に強いです。ニッケルはより錆びにくくするために加えられます。ステンレスに化学反応(鉄に含まれる炭素と耐腐食用に加えたクロムの結合)が起こりクロムの含有量が少ない部分ができればステンレスは錆びます。
加えるクロムやニッケルの量により値段や耐腐食性に違いが出てきます。
SUS304:
最も代表的なステンレス鋼。家庭用品から工業用品まで幅広く利用されています。少々酸性やアルカリ性の洗剤がついたくらいでは錆びません。海の近くでは錆びます。弊社製造のステンレスタンクにおいても代表的な材料です。
SUS304L:
SUS304に比べ低炭素鋼であり耐粒界腐食性が良い。溶接のまま使用可能。
弊社では一度だけステンレスタンクに使用いたしましたが、あまり利用しません。
SUS316:
海水をはじめ、各種媒質に304より優れた耐食性があります。
SUS316L:
316の低炭素鋼、316の性質に耐粒界腐食性(耐上記化学反応)をもたせたもの。海水や薬品用などの条件の厳しい場合に使用します。
SUS430:
価格が安く、流し台や家電部品などに使用されます。ただし流し台は洗剤をしっかり洗い流さなければ錆びの原因になります。ステンレスタンクにはあまり使用しません。磁石に付きます。